◎ 募集要項・提出書類

N

願書受付期間

 

秋期 2019年 :(2019年10月入学)2019年3月1日~4月30日

春期 2019年 :(2019年4月入学)  2018年9月1日~10月31日

N

出願資格

1. 母国あるいは外国において、通常の過程による12年間の中等学校教育を修了した者。
2. 日本留学に必要な学費生活費を確実に負担する者がおり、その者の資産形成過程を通帳などの資料で証明できる者。
3. 日本語を150時間以上履修、日本語能力N5程度以上の日本語能力がある者。

N

出願書類

A.  入学願書(すべての欄を申請者本人直筆)
B.  履歴書
C.  留学理由書(申請者本人直筆)
D.  写真 

※ 証明写真を7枚添付してください。
申請3ヶ月以内に撮影された上半身の無帽、無背景で鮮明なもの。
4cm×横3cmのサイズでご提出下さい。
詳細は右図のとおりとして下さい。

  
(入国管理局HPより)

N

提出書類

指示があるもの以外のすべての証明書類は、コピーではなく原本を提出してください。

日本語以外で書かれた証明書には、それぞれ日本語訳を添付してください。翻訳者の氏名、
住所、電話番号を日本語訳の下欄に記入し、氏名の右に捺印またはサインをしてください。

◆各証明書

A. 学歴証明

1. 最終学歴卒業証書
2. 成績証明書(原本)
3. 申請者が現在在学中の場合、在学中の学校から次の書類を発行してもらってください。
○ 在学証明書
○ 学業成績証明書

B.日本語学習に関する証明

1. 日本語能力試験のいずれかの級に合格した場合は、証明書と成績証明の原本をご提出ください。
 もし不合格の場合は、成績証明原本をご提出ください。
2. 高校や大学で日本語を履修したことがあれば、その成績をご提出ください。
3. 日本語学校に通ったことがあれば、修了証明をご提出ください。

C.在職証明(本人が在職中の場合)

◆経費支弁に関する証明

A. 銀行預金残高証明書
B. 親族(父、母、夫、妻)が経費支弁する場合
1. 経費支弁書(所定用紙)
2. 経費支弁者の預金残高証明、収入証明書、納税証明書、在職証明書
3. 親族関係を証明するもの(戸籍の写しなど)

◆パスポートコピー

パスポートの白紙のページ以外はすべてコピーしてください。

◆その他

本校が必要と認めた書類

※ 留学生ビザ取得のための在留資格認定証交付申請手続きは、法務省入国管理局の定めにより日本語学校が行います。
上記書類に入学検定料を添えてお申込みください。

◎ 入学時期・定員等
  進学1年6か月コース 進学2年コース
定員 40人 60人
応募資格

海外において高等学校以上を卒業した者。

(修業年限12年以上もしくは、12年以上の修業年数と同等の学力を有する)

日本語を150時間以上履修、日本語能力試験N5程度以上の能力を有する者。

選考方法

書類審査

出願期間

3月~5月

9月~11月

入学時期 10月 4月
修業期間 1年6ヶ月間 2年間
在留資格 留学

 

*卒業時期は3月です。

*学校がクラス分けを行います。

*その他数学、英語、総合科目等大学進学のための補習クラスがあります。

◎ その他

1. アルバイト

入管管理局の許可を受ければ、学業に支障のない範囲で週28時間以内のアルバイトをすることが可能です。

2. 国民健康保険

本校に入学した留学生は、全員加入します。この保険に加入すると、医療費の自己負担は30%ですみます。

◎ 主な進学先

大学・専門学校に進学を希望する学生のために、様々なサポートを行っています。経験豊富な教師陣が、

進学先決定まで親切・丁寧に指導します。日本で進学するなら、面接はとても大切です。

面接での受け答えやマナーについて実践的に練習します。希望進学先の教授へのメール、

小論文・研究計画書の書き方、志望理由書の書き方などを、授業外でも徹底的に指導します。

各学生の進学の要望に合わせて、受験校の選び方から模擬面接・論文指導まで、指導・アドバイスを

行います。当校には日本各地の大学・大学院・専門学校のパンフレット・募集要項が揃っています

ので、進学希望先に応じて受験に必要な情報を提供します。